従業員福祉課題解決支援事業

 少子高齢化の進展とともに人手不足が深刻化してきています。

そんな中今働いている従業員にも、家庭内外の福祉的課題に見舞われることが多くなってきています。

子育て、子供の不登校や子供の障がい、親の介護、あるいは本人の精神的疾患など

これらの問題は場合によっては貴重な従業員(人財)を失ってしまうことにもなりかねません。

今や企業において人的ロスは企業を左右する大きな課題となってきています。

従業員に起こりうる福祉的課題に対して、関係機関との連絡調整を行ったり、アドバイスなどを実施し、従業員になるべく(精神的・肉体的なな)負担がかからないよう支援を行い、貴重な従業員が働き続けられるようにします。
 
              
TOPページへ